無職でも即日融資が可能なカードローン

img-nojob

無職でも即日融資が可能な理由

貸金業法に基づく総量規制では、年収の3分の1を超える新たな借入ができません。そのため貸付を行う貸金業者(消費者金融など)では無職は申し込み対象外。安定かつ継続した収入の無い無職の方は基本的に消費者金融系のカードローンには申し込みできないのです。

しかし一部のカードローンについては一定の条件を満たすことで即日融資可能となっています。たとえば学生さんの場合、お父さんやお母さんに収入があれば申し込みできる場合がありますし、専業主婦(主夫)の方も配偶者に収入があれば申込者本人が無職でもカードローンを契約して即日融資してもらうことができます。

家族の誰かに安定収入があれば無職でも即日融資可能

無職で即日融資不可な人はこんな人

専業主婦の方、そして学生さんは一定の条件を満たせば無職でもカードローンに契約できます。しかし次の条件に当てはまる方は即日融資を受けることができません。まず申込者だけでなく父親や母親、そして配偶者が仕事をしていないケースです。これでは世帯にまったく収入が無いことになるため審査に通ることは絶対にありません。

次に親に安定収入があっても同居をしておらず生計を共にしていない場合です。これは配偶者の場合も同じなので注意してください。一人暮らしをしている学生さんなど年収のある方と同居しておらず別居していると審査はかなり厳しくなります。

無職の学生や専業主婦の方が即日融資のカードローン申し込みする場合は、親もしくは配偶者に収入があることを証明できるかどうか、そして世帯同一として生計を立てていることを証明できるかどうかがポイントになります。

審査に通らない無職のケース

カードローンを申し込みたい無職のあなたへ

カードローンを申し込みたい無職の方はパートやアルバイトでもいいのでまずは収入を得ることを考えてください。最低でも2ヶ月から3ヶ月仕事をするのがベストですが、1回目の給料をもらったところで審査にチャレンジする方もいます。審査時には勤め先にあなたが本当に在籍しているか確認の電話が入りますから、在籍確認のときは対応してもらえないか一度相談してみてください。

既婚者の方や学生さんがカードローンに申し込む時は少しでも本人に収入があることがベスト。ただしどうしても無職の状態で即日融資を受けたいときは、専業主婦OKの銀行系カードローンに申し込みしてみてください。

利用限度額については10万円から30万円の範囲内が一般的。この金額であれば特に収入証明を提出しなくてもいいというカードローンが多いので安心してください。消費者金融系カードローンは本人収入があることが条件になっているため、まずはどんなお仕事でもいいので安定収入を得ることから始めてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る